60才からの飲食店づくり 吉田から一言

もし、あなたが60才以上、または、定年退職後飲食店を始めたいならここから先を

読み進めてください。

いきなり、何の調査もしないで、店を借りて、研究もしないでメニューを提供しても、

お店は繁盛しません。目標を掲げて、半年後、1年後、3年後の計画を立てて、

一歩ずつ階段を上るように進めていくことが第二の人生、成功への近道です。

 

誰にも邪魔をされずに、自分の力で飲食店経営を楽しむ・・・至福の時間を継続したい。

 

そのためにも後悔しない、失敗しない飲食店づくりをしないといけません。

 

さて、飲食店は、ご存知のように水商売です。

開店して、売り上げのいい日もあるし、悪い日もありますが、

いかにご自分の強い目的意識、諦めない気持ちを継続させるかが、ポイントになってきます。

 

なぜ、初めにこんな話しを持ち出したかといいますと・・・

 

飲食店は魅力がありますが、リスクもあることを理解していただきたいからです。

 

 

【飲食店の魅力】

①小さな店でも大きな店でもオーナーになれる「一国一城の主」いう自分の城を守るという

 醍醐味を味わうことができる。

人生に於いてもワンランク上の気持ち、生活を送ることができます。

 

②ほぼ毎日、売り上げが現金で入るので、資金繰りが以外とカンタンです。

 それは、経費や仕入れは、後払いにできるからです。例えば、月末締めの翌月末払いとか。

 

③他の商売と異なり、原価率が低く、粗利率が高いので、個人経営でも大手店舗にも

 競合していけます。売り上げアップのための販促は、日々必要になります。

 

 

最大の魅力は、自分で作り出した商品「メニュー・業態・接客」が

自分の目の前で現金化されていく・・・これが最高の至福の時です。

 

【飲食店経営のリスク】 

・初期投資が必要

・営業収益率は、10

・長時間の肉体労働

・時間、生活を束縛される

・大手チェーン店との競合

 

 

【飲食業に向いている人】

    食べるのが好き

    接客、人と話すのが苦にならない

    売り上げと支払いの計算ができる

    人の笑顔が大好きな人

    チームプレイが得意な人

    新しいこと・ものにチャレンジしたい人

    開業目的がはっきりしていて、夢のある人

 

 

自分の目的、目標・・・夢があればリスク回避はできます。

それを支援するために私がいます。

 

 開業ストーリー (店舗リニューアルでも対応可能)

目標を決め、店のコンセプトを考えることから始める・・・これが肝心

 

1、 店のコンセプトを作る

  ①誰に売るのか・・・メインターゲットを決める

  ②どこで売るのか・・・立地条件を決める

  ③何を売るのか・・・提供メニューを決める

  ④いくらで売るのか・・・価格帯を決める

  ⑤どんな雰囲気で売るのか・・・店舗内装イメージを決める

  ⑥どんなサービスで売るのか・・・接客、業態イメージを決める

  ⑦どんな宣伝で売るのか・・集客・販促方法を決める

  ⑧いつ売るのか・・・営業時間を決める

 

2、 開業計画書(事業計画書)を作成する

  ①どんな店をやるのか?[コンセプト]

  ②いくらで始められるのか?[投資計画]

  ③どのくらいで売れるのか?[売上げ計画]

  ④どれくらい儲かるのか?[収支計画]

  ⑤どこからお金を調達するのか?[資金調達計画]

  ⑥どのようにお金を返すのか?[返済計画]

 

3、 メニューづくり

  ◎ メニューを決めると経営が決まる

  ・来店客の満足度・・・お客様に好まれる差別化したメニューが必要

・開業準備と初期投資・・・店舗レイアウトが決まれば、厨房スペース、食器・備品、

  人材、教育、仕入れ業者など選定し、初期費用が明らかになります。

・営業開始後の経営数値・・・メニュー内容によって、客単価、原材料費、人件費、客席回転率など経営数値は決まってきます。

 

4、店舗物件探し

  ◎ 飲食業は、立地商売・・・希望する条件通りの物件は、そうそう見つからない

    物件・立地の条件に合わせて、計画を修正することも重要です。

 

 

 

5、店舗づくり

  ◎ 店づくりに必要な3つのポイント

  ① 顧客満足度からの視点・・・顧客が楽しく利用し、何度も来店したくなる店舗づくり

  ② 従業員満足度からの視点・・・従業員が疲れにくく、働きやすい店舗づくり

  ③ 経営満足度からの視点・・・ランニングコスト、イニシャルコストを低減した、

    収益性の高い店舗づくり

 

6、取引業者探し

  開店・営業に必要なモノ・コトをピックアップ

  ① 必要な食材・・・食品納入業者の手配

  ② 必要な備品・消耗品・・・備品納入業者の手配

  ③ 必要なサービス・・・サービス提供業者の手配

 

7、スタッフ採用

  ◎ 応募者の一般的傾向

  ・若手は「社員希望」が多い

  ・「経験者」は、自店に合わないことがある

  ・「主婦」は、頼りになることが多い

  ・「学生」は、いつか必ず辞めていく

  ・「フリーター」は、あてにならないことも多い

  ・「外国人従業員」も最近は増えている

 

8、販促方法

  ◎ 売上げ=客数×客単価×来店頻度の法則

  ◎ 自店に合った販促方法を選ぶことが重要

   ・チラシ新聞折り込み

   ・開業告知ダイレクトメールの送付

   ・近隣へのチラシポスティング

   ・店前、交差点、近隣でのチラシ配り

   ・近隣での捨て看板の利用

   ・店前ポスター・看板・メニューの掲示

   ・インターネットでの告知

   ・ニュースリリースの仕掛け

 

 

 

9、営業前

  ◎ 準備・確認をします

  ・店舗設備の準備・確認

  ・店舗備品の準備・確認

  ・販促物の準備・確認

 

    接客トレーニング

    厨房トレーニング

    全体合同トレーニング

 

    オープン前のレセプションの実行

  ・招待客にメニューを提供して、シュミレーション(実際に食べてもらう)を行う

その後・・・感想を聞く・・・修正をする・・・オープンに備える

 

 

これだけの準備をしても100%繁盛する飲食店ができあがる保証はありません。

大切なのは、むしろこれから、他の店と違うあなたらしい店、お客様に感動を与え、長く愛される店にすることです。


 

好立地の物件探し、店舗デザイン、メニュー開発、スタッフ教育、運営マネージメント、そして、一番大切な集客・販促プランの企画・・・あなた以上に真剣に考えてみせます。

商品一覧